ユニットハウスのレンタル相場はいくら?

意外とリーズナブル!ユニットハウスのレンタル相場とメリット・デメリット

ユニットハウスとプレハブの違いとは?

数年前から徐々に知名度を挙げてきたユニットハウスですが、実際に利用する際にどんなメリットがあるのでしょうか? いくつかのメリットを紹介していきますので、従来のプレハブと比較し自分に合ったサービスを確認して下さい。これから導入予定の方におすすめの情報です。

ユニットハウスのデメリットはどんな点?

プレハブよりも便利なサービスとして注目されているユニットハウスですが、いくつかのデメリットがあります。 これらのデメリットを確認し、自分の要望に合っているのかを確認して下さい。但し、まだ発展途上な点もあるので、今後デメリットが改善されていく可能性もあります。

レンタル相場は如何ほど?

ユニットハウスは購入設置も出来ますが、現在シェアを伸ばしているのがレンタルでの契約です。仮設住宅やサブ部屋、イベントにもぴったりなユニットハウスのレンタル相場について公開しています。 ハウスのレンタル費用だけでは無く、施工費や撤去費も発生するので注意が必要です。

ユニットハウスはどの辺が便利なの?

土地に家を建てる為に土台や骨組みから組んで作っていくのが住宅で、完成までに数年かかります。マイホームと言う位置づけであればそれで問題はありませんが、一時的な事務所や簡易的なスペースが欲しい場合に、イチから組んで建物を作るのは効率的ではありません。
この様なケースの場合、従来はプレハブを使って簡易的なスペースを作っていました。プレハブは骨組みだけを移動して、その場所で組んで作っていました。施工期間は7~10日程度発生し、天候により施工が左右されるケースもありました。
そこで今注目を浴びているのがユニットハウスです。1990年代から徐々に普及し始め、今では工事現場などではプレハブよりもユニットハウスを使っているところがほとんどです。ちなみにプレハブと比べると様々な違い挙げられるのですが、一番の違いは組み立てたハウスをそのまま設置すると言う点です。工場で組んだユニットハウスをトラックやクレーンで運び設置するだけで良いので、施工期間が1日とかなり短く現場のスケジュールに影響を与えません。どちらも雨風に強い材質を使っているので定期的にメンテナンスを行えば7~10年も利用出来ます。
まだまだ発展途上のユニットハウスですが、多くの方から支持されている施工方法で今回はユニットハウスのメリット・デメリットだけでは無く、レンタル契約に着目して紹介しています。購入・レンタルどちらにしようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめリンク

海外WiFiを利用する際の注意点

トラブルに巻き込まれないために!海外WiFiを利用するなら注意しなければいけないことをチェック!